Columnコラム

Confluence(コンフルエンス)とJira(ジラ)を連携しよう!

2022年09月16日

ご相談・無料お見積り

Confluence(コンフルエンス)とJira(ジラ)は、個々でも優れた機能を備えたツールですが、連携することでその機能性を何倍にも高めることができます。
そこで今回は、ConfluenceとJiraを連携するメリットとやり方を紹介します。

Confluence(コンフルエンス)とJira(ジラ)を連携するメリットとやり方

ConfluenceとJiraを連携すると、ツール間でシームレスにプロジェクトの更新が追跡され、Confluenceのページ上にJiraの課題を表示したり、ConfluenceページからJiraの課題を作成することも可能です。

ここでは、Confluenceとアジャイル開発向けのJira Softwareについて、連携方法を解説します。

Confluence上にJiraの課題マクロを表示

ConfluenceページにJira URLを貼り付けると、Jiraの課題マクロを簡単に追加することができます。
また、以下の手順でもConfluenceのページ上にJiraの課題マクロの埋め込みが可能です。

①Confluenceにログインします
②エディタ画面のツールバーから「その他のマクロ」を選択します

③Jiraを検索します

④「JIRA」を選択し、課題キーなどで表示したい課題を検索します

⑤追跡したいJiraの課題マクロを選択し、「挿入」をクリックします

Confluence上にJiraの課題マクロを追加したあとは、表示方法をカスタマイズすることも可能です。

Jiraレポート・グラフをConfluenceに表示

Jiraの情報を視覚的に表示させるには、「JIRA」に加えて、「Jiraチャート」を使用します。

ConfluenceとJiraを連携することで、Jiraに保管されている情報を「円グラフ」や「作成済みvs解決済みグラフ」、「2次元グラフ」などで表示でき、普段Jiraを使用していないメンバーへも更新内容などの情報共有が可能となります。

Confluence上でJiraの課題を作成

ConfluenceとJiraを連携すると、Confluence上でJiraの課題を作成することができます。

①Confluenceのページにあるテキストを選択し、「Jiraの課題作成」をクリックします

②ポップアップが表示されたら、課題の概要や説明を入力します
③「作成」をクリックすると、Confluence上に作成したJiraの課題が表示されます

テキストを選択したときにポップアップが表示されない場合は、プロフィールの設定で「テキスト選択」が有効になっているかどうかを確認してください。

Confluenceのエディタ画面から課題を作成する手順は、以下の通りです。

①「Jira課題/フィルタ」を選択します

②「新しい課題を作成」を選択します

③プロジェクト、課題タイプ、要約、説明を入力します
④挿入をクリックします

これで、Jiraで作成した課題を使用中のConfluenceに追加することができます。

JiraのエピックにConfluenceの資料をリンク

Confluenceでは、プロジェクトの進行に役立つ「要件定義書」「設計」「技術仕様書」「カスタマーリサーチ」などの多数の資料を作成することができます。これらのページをJira Softwareのエピックとリンクすることで、1クリックで簡単に必要な資料を見つけられるようになります。
Jira Software上のエピックにConfluenceをリンクする方法は、以下の通りです。

  • ・Jira Softwareのスクラムボード上で、エピックの「リンクされたページを表示」をクリック
  • ・「ページを作成」をクリックし、Confluenceページを作成

JiraプロジェクトのロードマップをConfluenceに共有

Jira Software Cloudを使用している場合は、JiraプロジェクトのロードマップマクロをConfluence Cloudページに追加することができます。
JiraプロジェクトのロードマップマクロをConfluence Cloudページに追加する方法は、以下の通りです。

  • ・JiraのロードマップのURLをConfluenceページに直接貼り付ける
  • ・Confluence Cloudでマクロショートカットメニューを表示し、「Jira ロードマップ」を検索する
  • ・Confluence Cloudのマクロメニューから「Jira ロードマップ」を選択する

Confluence Cloudページに追加されたロードマップはリアルタイムで更新されるので、Jiraと同じように操作できます。

Confluence(コンフルエンス)とJira(ジラ)の連携に関するお問い合わせ

ConfluenceとJiraはそれぞれ優れた機能を持っていますが、連携することで、より一層高い機能性を発揮してくれます。
野村総合研究所は(NRI)は、Atlassian社の最高のトレーニング基準を満たしたPlatinum Solution Partnerに認定されています。NRIが窓口となり、Atlassian製品の販売、技術サポート、設計・構築サービス、コンサルティングを提供いたします。NRIではグループ会社を含めて約3万名でのAtlassian製品利用実績がございます。
豊富な運用ノウハウを活かし、お客様の問題解決をサポートします。
ConfluenceとJiraの詳細につきましては、製品ページをご覧ください。

https://aslead.nri.co.jp/products/confluence/

https://aslead.nri.co.jp/products/jira/

ConfluenceとJiraの連携に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたはメールにてお気軽にお問い合わせください。

Confluenceの詳細に関しては、製品ページをご覧ください

Confluence製品ページはこちら

お問い合わせ

Confluence に関するご相談は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

営業担当者にお問い合わせする   チャットBotでお問い合わせ ※個人情報は、お問い合わせ対応に利用致します。
お問い合わせ