Columnコラム

GitLab認定プロフェッショナルサービスパートナー(PSP)
取得までの道のり

2021年11月15日

ご相談・無料お見積り

asleadは2021年6月に「GitLab認定プロフェッショナルサービスパートナー(以下、PSPと記載)」に認定されました。PSPは「プロフェッショナルサービスを通じて優れた顧客価値を提供した実績を持つ著名なパートナー」としてGitLabから公式に認定された組織であることを示します。今回のコラムではPSPに認定されるまでの道のりについて取り上げます。

GitLab認定プロフェッショナルサービスパートナー(PSP)とは

PSPとは冒頭に記載の通り、GitLab社から認定された組織であることを示すものです。
PSPとして認定を受けることにより、

  • 「トレーニングの割引」
  • 「GitLabセールスチームからの販売機会の提供」
  • 「組織内部でNFR(Not For Resale)ライセンスを利用可」

などメリットがあります。

GitLab認定プロフェッショナルサービスパートナー(PSP)の認定の条件

PSPとして認定を受けるためにはGitLab社公式の資格を保有するメンバが一定数所属している必要があります。
詳しくは以下の通りです(2021年11月現在の条件)。

  1. GitLab Verified Sales Coreの保有者が少なくとも2名
  2. GitLab Verified Solution Architectの保有者が少なくとも1名
  3. GitLab Certified Professional Service Engineers(PSE)の保有者が少なくとも3名

asleadがPSPの認定を受けるまでに行ったこと

主に行ったことは「Bootcampへの参加」「各GitLab社公式の資格のトレーニング受講および資格取得」「aslead内部での勉強会」です。

① Bootcampへの参加

2021年5月から2ヶ月間、GitLab社のAsia Pacificの方々(日本人社員含む)に、トレーニング内の章をトピックとして取り上げ、聴講および質疑対応に1時間の枠を設けていただきました。基本的に受講者は個人でワークを進め、週一の1時間の枠で質問をする一方、予めGitLab.comのissueを起票することもでき、期間中に気になったことは逐次確認できるような状態でした。

② 各GitLab社公式の資格のトレーニング受講および資格取得

上記「認定の条件」で挙げた (1) ~ (3) のトレーニングをオンラインで受講し、各章のクイズを解き、資格を取得しました。メンバによっては (1) ~ (3) 以外のTechnical Coreなどの資格も取得しました。
(3) のPSEのオンライン試験(クイズ形式)では約60問の問題が選択回答式で出題され、75%以上の正答率が求められました(75%未満の場合でも再受験可能)。GitLabの仕組みだけでなくサービス毎の提供機能の違いなど幅広い出題範囲で十分な知識がなければ75%以上の正答は難しいです。
資格取得を通して、GitLabを実際に開発プロジェクトで適用推進するにあたって必要な知識が身についたと考えています。

③ aslead内部の勉強会

我々asleadのチームでは「aslead DevOps」としてGitLabを中心としたDevOpsソリューションを社内外で提供していることから、GitLabに関する知識の拡充を日頃から行っています。
PSPの認定に向けた活動としては、Bootcampに関する情報やGitLab有償版を使ってみた感想・調査内容を共有し、組織内の情報循環を行いました。これにより若手からリーダ層まで同等の知識を獲得することができ、PSPの認定に繋がったと考えています。

PSPに認定されてから

PSPに認定されたことにより、冒頭に記載したメリットを感じられるようになりました。
aslead内部では有償版GitLabの利用経験を豊富に積むことで、お客様の目線に立ち、どのような開発業務で価値を発揮するのかを知ることができています。また、内部でのタスク管理(スプリント)をGitLabに移行し、タスク管理から開発までをGitLab上で行い、GitLabを中心とした文化を作り上げています。
認定によってメンバ一同のプロフェッショナルとしての自信がつき、サービス改善のスピードアップに寄与しています。

最後に

我々asleadチームでは2021年11月現在、「aslead DevOps」を社内外合計で約50のプロジェクト、約5,000名のお客様にご利用いただいています。それぞれのプロジェクトのニーズにお応えしてサービス対応をしたり、技術的な相談を受けたりする中でGitLabの利用ノウハウが蓄積されていますし、PSPの認定など安心して利用いただくための研鑽も継続的に行っております。
DXビジネスが求められる昨今では「顧客ニーズが素早く変わっていく中で如何にアジリティ高くサービスが提供できるか」が重要になっていますが、GitLabはDevOpsプラットフォームとしてアジリティが高いサービス提供が可能です。また、我々asleadチームではこれまでの多くの導入実績があることから、お客様に寄り添ったDevOpsプラットフォームの導入が可能です。

アジリティの高い開発を行いたい方は、是非asleadチームにご相談ください。

GitLabの導入支援なら、asleadにお任せください

asleadではGitLabを活用したサービスの開発・導入実績を豊富に持っています。お客様に合わせた最適なご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご相談・無料お見積り

お問い合わせ

asleadに関するご相談は、メールにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム ※個人情報は、お問い合わせ対応に利用致します。
お問い合わせ