Productsサポート製品

Elastic Stack (Elasticsearch, Kibana, Beats, Lagstash)

データ検索・分析・可視化・ログ解析。
データビジネスの多様なユースケースをかなえる製品群

Elastic Stackとは?

Elastic Stackとは、Elastic社が提供する、データ検索・分析、データ可視化、ログ解析など、
データビジネスの多様なユースケースをかなえる製品群の総称です。
Elastic StackはElasticsearch、Kibana、Beats、Logstashから成り、データの活用をトータルサポートします。
Elasticsearchについてはこちらをご覧ください。

  • 株式会社野村総合研究所は、Elastic社とのパートナー契約を締結しています。

    詳しくはこちら

Kibana ロゴ
Kibana

Kibanaとは、画面上から簡単に棒/円グラフ、表、ヒストグラム、マップ等を作成することでデータを可視化するフロントエンドアプリです。
各種グラフや表をカスタマイズしてダッシュボード上にまとめることで、データをよりわかりやすく表現・共有できます。

Kibanaの魅力

  • 高カスタマイズ性

    直感的な操作でデータを自由自在に表現できます。例えばKibanaに用意されたマップを用いて、位置情報分析結果を一目でわかりやすく可視化します。

  • ダッシュボード

    分析結果の全体像を1つにまとめ、チームメンバーと簡単に共有することが可能。

  • アクセス制御

    ロールベースのアクセス制御で各スペースに特定のユーザーを招待したり、コンテンツや機能へのアクセスを必要な範囲に限って設定できます。

Kibanaの活用事例

人事情報の検索サービスのログ分析に、ElasticsearchとKibanaを活用している事例をこちらで紹介しております

Beats ロゴ
Beats

Beatsとは、データ収集に特化したプラットフォームです。サーバーやコンテナーにデプロイするだけで、
何百、何千ものマシンからLogstashやElasticsearchにデー タを転送できます。
あらゆる環境におけるログやメトリック、さらにホストやDocker、Kubernetesといったコンテナープラットフォームや
クラウドプロバイダーからの重要なメタデータを取得し、ドキュメント化した上でElastic Stackにシッピングします。

Beatsの魅力

  • 軽量

    BeatsがシッピングするデータはElastic Common Schema(ECS)準拠です。Logstashにデータを送信して変換やパースを任せ、高度な処理を行うことも可能です。

  • 操作容易なモジュール

    幅広いモジュールが用意されており、たった1つのコマンドで開始することができます。

  • 拡張性

    データ転送用の共通ライブラリ「libbeat」が用いられています。Beatsファミリーでサポートされないプロトコルをお使いの場合は、開発用ライブラリを用いてシッパーを作成することができます。

Logstash ロゴ
Logstash

Logstashとは、あらゆるソースからデータを収集・変換しElasticsearchなどに出力するサーバーサイドデータ処理パイプラインです。
形式や複雑さを問わず、簡単かつ継続的に入力データを収集し、Logstashのフィルターの解析によりデータを構造化します。
一般的なフォーマットにま とめて出力されたデータは、様々な用途の分析に使えるようになります。

Logstashの魅力

  • 柔軟な入出力

    ログやメトリック、Webアプリケーションなど様々な入力を取り込み、Elasticsearchをはじめあらゆる出力先に自由に転送できます。

  • 便利なフィルタ機能

    各種フィルタにより、例えば非構造データからの構造抽出、個人情報の匿名化処理を動的に行えます。

  • 拡張性

    200種類以上のプラグインが用意され、用途に合わせた最適な機能を実現します。

お問い合わせ

asleadに関するご相談は、メールにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム ※個人情報は、お問い合わせ対応に利用致します。
お問い合わせ